家で手軽にビースマイルLEDホワイトニングキットで白い歯を実現

ビースマイルLEDホワイトニングキットとは

ホワイトニングとは歯科医院やクリニックなどが行う医療行為に当たります。
したがって医師が直接、または医師の指導の下に実施される行為となります。

サロンなどで行われているものの中にはホワイトニングと称しているものもありますが、医師が行うホワイトニングとは厳密には異なり、本来はクリーニングと呼ぶべきサービスに当たります。

これから紹介するビースマイルLEDホワイトニングキットは、医師が行うホワイトニングではなく、サロンなどが提供している歯を綺麗に見せるための処置を安価に、しかも時と場所を選ばずに手軽に出来るようキット化された製品です。

ビースマイルキットの構成

本キット(スタートコース)にはホワイトニングジェル、ホワイトニングLED、マウスピースが入っています。
ジェルには歯を綺麗にするための成分として酸化チタン、メタリン酸ナトリウム、ハイドロキシアパタイトなどが配合されています。
LEDライトはキットによる処置を行う際に、ジェルに含まれている光触媒の酸化チタンに光を供給するための光源として使用されます。
マウスピースは処置の際にジェルをこれに塗り、歯に装着するために使用されます。
スタートコースでは2回目以降はジェルのみが提供され、LEDライトとマウスピースは再利用することが出来ます。

ホワイトニングの仕組み

ジェル中の酸化チタンにLEDライトからの光が当たると活性酸素種が生成され、これが歯の表面の汚れを分解します。
メタリン酸ナトリウムは歯の表面をコーティングして汚れの付着を防止し、ハイドロキシアパタイトは歯の表面の微細な傷を修復します。

ビースマイルの使用方法

◆歯に直接またはマウスピース内にジェルを塗ります。
◆マウスピースにLEDライトを接続します。
◆マウスピースを歯に装着しLEDライトの電源を入れます。
◆10分間保持し、音が鳴りLEDライトが消えたらマウスピースを外します。
◆口をゆすぎ、ブラッシングをして処置は終了です。
◆その後は週1回を目安に処置を行います。

医師が行うホワイトニングとの違い

医師が行うホワイトニングでは漂白剤として高濃度の過酸化水素または過酸化尿素が使用され、光源もLEDではなく強力なレーザーなどが使用されています。
したがって本キットよりも強い条件で歯の内部まで漂白することが出来ます。
そのため、歯痛などの副作用が懸念されることがありますので、気を付けてください!

ビースマイルはそのような刺激が強い成分は使われていないので、安心して使用することができます。
本当に白くなるのか?気になる人も多いと思いますが、ビースマイルの口コミはこちらでチェックしてみてください♪